1000円カットの徹底された効率主義がすごい!

また千円カット行ってきました。今回は今までと別の視点で、千円カットの効率について。

千円カットは非常に安いです。安い代わりに一人当たりにかける時間を減らし、少ない時間でより多くのお客さんの散髪をします。

既存の床屋と同じようにやっていたらこんなことは出来ません。徹底的に効率化されています。

かといって千円カットで働いている人の給料が安いわけではありあません。こちらのサイトによると、他の床屋と千円カットで働いてる人の給料はほとんど変わりません。

人件費を削らずに、千円で散髪出来る秘密を3つほど見つけました!

1、自動券売機!

まずはチケット券売機です。自動販売機自体は日本ではあちこちで見ますが、床屋では千円カット以外見たことがないです。支払いはなんだかんだいって時間がとられる部分です。ここを自動化したのは地味に大きいのではないでしょうか。

IMG 1243

 

2、清掃も効率化!

ぼくが千円カットに行って一番衝撃を受けたのがこれです。下の写真のように椅子の下に、切った後の髪の毛を入れるところがあります。散髪が終わったあとは切った髪の毛が床に散らばります。その散らばった髪をいちいちホウキとチリトリで掃除をしていたら時間がかかってしまいます。この仕組みのお陰で掃除にかかる手間がだいぶ減らせているような気がします。

千円カットは一人のお客さんの散髪を終えてから、次のお客さんを椅子に案内するまでの時間が短いです。その秘密は清掃の効率化にあるように思えます。

IMG 1242

 

3、シャンプーの代わりに。。

これは有名ですね。千円カットではシャンプーがありません。オプションでもありません。その代わり下の写真の掃除機みたいなもので髪をすすってくれます。これも凄く効率がいいですよね。普通の床屋ではシャンプーだけで10分くらいかかります。千円カットでは普通の床屋がシャンプーをしている時間で、もう一人のお客さんの散髪を終わらせます。

お客さんにシャンプーを我慢してもらう代わりに、お金と時間を抑える。ぼくみたいにシャンプーなんて家でやればいいと思っている人にとっては、シャンプーをしない代わりに値段を抑えてくれるのは、かなり助かります。

IMG 1246

 

最後に

まだまだ効率化の秘密はたくさんありそうですが、ぼくが気づいたのはここまでです。千円カットに行って、他に凄い所を見つけた人がいたら是非教えてください!興味があります。←変人

 

では

カテゴリー: 千円カット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。