インドネシアビザ発行の流れ。

昨日ようやくインドネシアビザが手に入りました。ぼくは大学の交換留学プログラムを利用した一年間の留学なので、一時滞在ビザを申請しました。ここまでの流れを思い出しながら、全部書いていきたいと思います。誰かの訳にたつことを祈って。

  1. 入学許可書入手
  2. テレックスビザ(VBS)入手
  3. 在日インドネシア大使館でビザ発行。
この順番で書いていきたいと思います。 
 

1,入学許可書入手

大学で交換留学生としての試験にパスした後にすぐに動きはじめました。2014年2月に留学を開始するのに、2013年6月から準備を開始してました。ネットの情報でインドネシアはいろいろと遅い、ということを聞いていたのでかなり早く行動を始めたつもりです。

書類はメールで大学宛に送られてきました。フォームも定まっており書きやすかった印象があります。まだ留学は先なのに急いで提出しました。

6月に書類を提出したのに、入学許可書が届いたのは8月。1ヶ月半くらいかかったと思います。しかも書類の内容が間違ってました。 留学期間を一年間で申請したのに、入学許可書である書類では半年になってました。すぐに指摘して、再発行を頼みました。

実際に再発行されるのもかなり遅かったです。ぼくのもとに正しい入学許可書が実際に届いたのは、結局10月くらいでした。ハプニングがあったとはいえ、入学許可書を発行するのに4ヶ月から5ヶ月かかるとは。。。。。

2、テレックスビザ(VBS)入手 

次はテレックスビザです。テレックスビザは別名VBSと言うらしいです。なにか意味の違いがあるのかもしれませんが、ぼくには分かりませんでした。

テレックスビザはインドネシアの文部科学省と移民局を通して発行されます。文部科学省で学生としての滞在許可をもらい、移民局では外国人として登録されるという感じでしょうか。

テレックスビザを取得するためには留学する大学に申請してもらわなければなりません。自分だけでは出来ません。大学→インドネシアの文部科学省→インドネシアの移民局→大学、、という流れなのでうまくいっても一ヶ月は時間がかかるそうです。ちなみにぼくは一ヶ月半かかりました。

またテレックスビザを発行するためには12000円が必要です。ですので留学先大学に送金しなければなりません。この送金もまた面倒です。留学先大学が送金方法を指定してくれると思います。ぼくはWESTERN UNIONとう送金サービズを指定されたのでそれを利用しました。

テレックスビザはメールで送ってくれます。ぼくのテレックスビザはA4サイズで青色でした。

3、在日インドネシア大使館でビザ発行。

入学許可書とテレックスビザが手に入ったら、インドネシア大使館でビザを発行します。以前に2つほど記事を書いたのでそちらも参考にしてください。

  

※参考[写真あり] インドネシア大使館までの道のり

   インドネシア大使館に電話で問い合わせて必要書類を確認した。

  

上の記事でも書きましたがインドネシア大使館のホームページは分かりづらいです。ですので問い合わせることをおすすめします。

大使館でのビザ発行の際にも12000円必要です。テレックスビザと合わせて24000円の費用がビザ発行にかかりました。

大使館で働いているインドネシア人の方は日本語がお上手でした。

実際に発行されたビザがこれです。パスポートに貼ってくれます。

IMG 1240

 

最後に

ぼくは他の方が書いたブログなどでだいぶ助けられました。この恩をその人に直接返したほうが良いに決まってますが、実際にそうもいかないので、近い将来ぼくと同じ境遇になる人に助けになりたいと思ってます。

もし分からないことがあったら、このブログのコメント欄でぼくに気軽に質問してください。出来るだけ力になれたらいいな、と思います。

また、本文の記載中になにか間違いがあったら、教えてくれるとありがたいです。

では。

カテゴリー: ビザ発行あれこれ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。