雑記

本田圭佑「サッカーは基本的にうまくいかないことのほうが多い」

投稿日:

昨日サッカー日本代表の本田選手のミラン移籍記者会見がありましたね!いやー本田は本当に凄い!かっこいい!って凄く感心したので、その流れでYOUTUBEの本田動画を漁ってました。

そしたらNHKプロフェッショナルで本田選手のスペシャル特集の動画がアップされていました。全部で30分くらいかな?すべて見てしまいました。

この番組の時の本田は怪我でなかなかうまくいっていない時期。本田が怪我やその他のうまくいかないことにどのように向き合っているか、に焦点が当てられているドキュメンタリー番組でした。

ぼくがこの番組で一番印象深かったのは、本田が子どもたちに
「サッカーでうまくいかなかったときにはどうしたらいいですか。」と聞かれた時に、

「サッカーって基本的に、今の僕のそうなんですけど、うまくいかないことのほうが多いです。そのたびにムカつくし落ち込むし、でもうまくいく喜びを知ってるからこそ、また明日に向けて良い準備をしようと。そういう風にぼくは今までやってきました。」

と答えたこのセリフです。

この動画の50秒あたりです。
http://www.youtube.com/watch?v=rAqp-ZZ0ewc

「うまくいかないことのほうが多い」ということを認識しているかどうか。

ぼくも幼稚園から高校生までサッカーをやっていたので、少しは分かります。サッカーはうまくいかないことのほうが多いです。

1試合90分のなかで得点が生まれるのは平均2点くらいでしょう。両チーム合わせて22人が90分プレーして、生まれる得点が2点なのです。得点だけみても成功する可能性は低いことが分かります。その他のプレーでもうまくいかないことのほうが多いです。ひとつひとつのパス、ドリブルなども失敗することの方が多いです。

本田選手の凄いところは「サッカーはうまくいかないことの方が多い」ということをハッキリと認識しているところです

上手くいくことなんて多くない、ということを認識してプレーしているとうことは、ある程度負けを想定出来てるということです。負けを想定出来てるというとちょっとかっこ悪いので、別の言い方にすると、負けることを覚悟している、でしょうか。

負けることを覚悟している本田選手ですが、だから負けていいなんて考えてるはずがありません。負けることを覚悟することは、勝つ意思を強くします。

負けを覚悟し、いつ負けてもおかしくないということをハッキリと認識しているからこそ、勝つことに執着出来ると思います。

負ける可能性が高いと分かっていても戦えるか

本田選手が戦っている世界は本当に厳しいです。そのことを本田選手は誰よりも分かっているのでしょう。それが分かっているのにまだ戦い続けています。

これは普通の人には真似できません。負けが多い世界だと理解して、実際に負けまくっているのに、あなたは戦いを続けられますか? 負けが多い世界だと心の底から理解しているのに、戦い続けることが出来る、ところが本田選手の真の凄さです。

ミランでの本田選手にも目が離せません。ぼくも日本人の一人として本田選手を応援します。

では。

 

 







-雑記

Copyright© こやまうちBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.