インドネシア留学は絶対に間違いじゃない

インドネシアに留学をすることを決めてから、あれこれ自分のなかで葛藤があったのだけど、なぜか今日スッキリしました。

理系大学院生がインドネシア留学ってなかなかいないですよね。「インドネシアで研究なんて本当に出来るのか?」「日本の方が研究施設が充実してるのに、なんでわざわざインドネシア?」「そもそも大学院に進学して2年働くのが遅れるのはどうなんだ?」などなど色々な思いが頭のなかを交錯してきました。

いろいろ考えて、もがいて今日「やっぱりインドネシア留学は絶対に間違いじゃないな」と思えたのです。暫定的なんでまた考えなおすかもしれませんが。

直感に従って勢いでここまで留学の手続きを進めてきました。自分の直感に正直になるためには、自分のなかに沸き起こる他の感情をある程度は犠牲にしなければならないな、と感じてます。でもやっぱり、その直感は正しかったなと感じます。

一年間の留学で最も価値のあること

たかが1年間の留学生活で学べることはそんなに多くありません。1年間の留学で得られる最も価値のあるものは、言葉ではなく「その国に住むことに慣れる」という事実だと思うのです。

その国に住むことに慣れることが出来れば、自分の将来の仕事やら生活の選択肢として、なんの違和感もなく「その国」が考えられるようになると思います。日本にしか住んだことがない状態だと、海外に住むことは抵抗があります。「日本に住むことを犠牲にする」という考えが産まれてしまいます。

けれどもし一年間日本以外の国に住んだ経験があれば、少なくとも「日本に住むことを犠牲にする」という考えは産まれないです。自分の居住の選択肢として、一年間生活したことがある国が、それこそ日本とフラットに考えられるようになると思います。

自分より優秀な人がゴマンといるなかでどう生き残っていくか

そんななかで、自分が一年間生活する国をどう選ぶべきなのか。やっぱりインドネシアです。

アメリカやイギリスに一年間住んだことがある日本人はそれこそゴマンといます。また日本の優秀な学生は若いうちからアメリカ、イギリスに留学しています。帰国子女で小さい時に住んでいた人もたくさんいます。

そういう人たちと、今まで日本で暮らして来たぼくが同じ土俵で戦ったら勝てるわけがありません。勝てる可能性はありますが、「勝ち」を手にするために要する努力は並大抵のものじゃ済まされないでしょう。

まとめ

たった一年間の留学で手に入れられること
・自分より優秀な人たちと戦わないこと

この2つを考えたら、「やっぱりインドネシアに留学することは間違いじゃない」と思えました。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。