チャレンジングな生き方がしたい。

この前友達に教えてもらった心理テストで、「もしあなたに息子が出来たら、どんな人間になって欲しいか」というものがありました。この「息子にどんな人間になって欲しいか」という質問に対する答えは、そのまま「自分がどんな人間になりたいか」への答えと一致するらしいです。男に限るらしいですが。

確かに友達に聞かれた時に自分の事を頭に思い浮かべていたから、この心理テストはかなり的を得ています。「自分がなにやりたいのか分からない」と言ってる友達に、この質問を投げかけてみてはいかがでしょうか。

僕の答え

僕は友達に聞かれた時、「息子にはチャレンジングに生きてほしい」と答えました。もちろんその時はこの質問が心理テストだと知らなかったので、素で答えました。後から友達に「実はこれ心理テストなんだよ」と言われた時に、ハッとしました。

僕は「チャレンジングに生きたい」と思ってるんだ、と少し感動的に気が付きました。前から全く思ってなかった訳ではありません。心のどこかで「チャレンジングな生き方、挑戦的な人生」というものに憧れを持っていました。けれど、それが自分が望んでる生き方だという確信までは得られませんでした。

この心理テストを友達に仕掛けられて、自分が望む生き方を、抽象的ではあるものの、なんとなく理解することが出来ました。「あぁ、俺はチャレンジングな生き方をしたいんだな、、、」と。

安定なんて要らない

仕事に「安定」を求める人は多く居ますが、僕はそれを求めません。「安定」よりも「挑戦」を選びたいです。どうせ「安定」と「挑戦」はトレードオフでどちらも手にすることが不可能なのだから、僕は「挑戦」を選択し続ける人生を送りたいと思ってます。

たかが心理テストにここまで考え方を変えさせられたのは初めてです。心理テストも占いなどのようにあまり信頼出来るものじゃないと考えていたのですが、この場合は別です。

以上、たかが心理テストで、チャレンジングに生きたかがってる自分に気づいた、というお話でした。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。