「時間がない」は嘘。「時間を作らない」だけ。

よく「今忙しいから無理!」とか、「そんなことする時間ない!」とか言う人いますが、あれ全部ウソだと思ってます。
本人は嘘をついてるつもりはないと思いますが、「時間がない」という状況はありえません。

一日24時間は誰しもが等しく持っていて、それに人によって異なる睡眠時間が差し引いたのが、その人が持つ「時間」です。

「時間がないから無理」というのは嘘で、ただ単に「時間を作る気がない」だけです。
その人の人生にとって、優先順位が低いだけです。
自分が誘われたことなどを断る時に「時間がない」と言うのではなく、「優先順位が低い」または「そんなことに自分の時間を使う気がない」と言いましょう。

何かを辞めなければ何も始められない

「時間を作らないだけ」と言いましたが、具体的に時間を作るためにはどうするのか。
選択肢は2つ考えられます。
・睡眠時間を削る。
・何かを辞めて、その時間で新しいことを始める。

睡眠時間も、「寝るのを辞める」という意味で2つ目と重複していると思われるかもしれませんが、僕の時間の定義は24時間から睡眠時間を削ったものなので別にさせて頂きました。

基本的に睡眠時間を削るという選択をする時点でキャパオーバーになってると思います。良く徹夜で〇〇した、と言う人が居ますが、それは本来出来なかったものを無理やりこなしただけに過ぎません。睡眠時間を削ってまでやらなければならない状況を作った自分を恥じるべきです。

だとすると、何かを始めるためには何かを辞めるしかないと思います。寝ている時以外の自分の時間の使い方を振り返って下さい。振り返って円グラフでも作ってみれば、かなり客観的に自分の時間の使い方が見えてくるはずです。

基本的にご飯を食べることや、お風呂に入ること、通勤などに使う時間を削ることは不可能です。だからそれ以外で自分が使っている時間を見極めることが大事です。

自分が今どんなことに時間を使っているのか、を正確に認識して、それと新しく始めることを天秤にかけてください。言い方を変えると優先順位を決めて下さい。

もし新しく始めようとしていることが、現在していることより、価値がないと判断したなら、それは始めない方が良いです。

まとめ

時間は有限です。何かを始めるためには何かを辞めなければなりません。

「時間がない」と言う人は、一度自分が使っている時間を見直し、今やっていることと新しく始めようとしてることの優先順位をはっきりさせましょう。

そうすれば、「時間がないから無理」と言うことはなくなり、
「自分のなかで優先順位が低いからやらない」か、
「やる」の二択になるでしょう。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。