稼げましたって言えばよかった

昨日の出来事

昨日塾講師のバイトが終わって、喫煙所でタバコ吸っていたら、社員の人がきた。
その時にいろいろ雑談していたら、社員の人が「このバイトで稼げた?」って聞いてきた。

僕は2月からインドネシアに留学するので、この塾講師のバイトは1月で辞める。それを既に社員の人には伝えているので、社員の人はこのような質問をしてきたのだと思う。

僕は「あんまり。。。前の居酒屋の方が稼げました。」と答えた。

僕はこのことを後悔している。
なんで「はい!稼げました!」って答えてあげなかったんだろう、と。

社員の人は絶対に「稼げました!」と答えて欲しかっただろうな。相手が喜ぶ答えが決まっているのに、本音を漏らしてしまった自分を恥じる。
社員の人は仕事場でしか絡みがないので、基本的に喜ばしておいたほうが自分のためだ。社員の人を喜ばす答えを返せなかった。

相手が望む答えを返す。

「相手が喜ぶ答えが決まっている質問」って他にもたくさんある。
基本的に同意を促す質問がそうだ。
「〇〇って、〇〇じゃない?」とか、
「私って〇〇なところあるじゃん?」みたいな、同意を促す質問をする人は大抵、望んでいる答えが決っている。
そういう時は相手が望んでる答えを返してあげるべきだ。

さすがによく話す人とは、ずっと相手の望む答えを返そうとしていたら疲れてしまう。だから止めた方がいいかもしれない。
けれど出会ってあまり時間が経ってなくて、親しくない人と話す時は、出来るだけ相手が望む答えを返して上げようと意識したほうが自分のためだ。

もし僕に部下が出来たら。

あと、もし僕に新入社員の部下が出来て、そいつが「僕の仕事ぶりどうですか?」と聞いてきたら、「よく働いてると思うよ」と言って上げようと思う。
この場合の部下の質問は明らかに自分が褒められたいから聞いたことだ。まだ入ってきたばっかりで、自分が周りにどんな評価をされているか気になっているであろう。
そんな時に「ぜんぜん駄目。もっと働け」なんて言われたら心が折れてしまう。僕だったら折れるからそう思う。
だから新入社員が自分の評価について質問してきたら、迷わずにポジティブな返事をしてあげたいと思う。
さすがにずっと褒め続けると調子に乗りそうなので、あくまで入ってきたばかりの時限定だけれども。

まとめ

相手が望んでいる答えが明らかな質問を受けた時は、その人とあまり親しくない場合、その人が望むような返答をするべきだと思う。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。