インドネシアに行く前に打つべき予防接種まとめ

インドネシアではいろいろな病気にかかる恐れがあります。ですので、長期滞在者はインドネシア滞在前に予防接種を受けることを推奨されています。

インドネシアに行くときに受けておくべき予防接種を調べたのでまとめたいと思います。
外務省のホームページを参考にしました。

※あくまで僕が調べたものなので、詳しくはご自身でご判断下さい。
※wikipediaの医療情報はあまり評判が良くないので、信じ過ぎないように注意して下さい。

 

1、A型肝炎

症状→ウイルス性肝炎。発熱、下痢、腹痛、嘔吐など。
一度感染したら、強い免疫を獲得する。
食べ物などにより感染。
重症だと1、2ヶ月の入院も。
予防接種→三回を半年に渡って受ける必要あり。
wikipedia参照

2、B型肝炎

症状→急性肝炎。(肝臓に異常が起き、発熱などが起きる)
血液により感染。(主に母子感染)
日本だと95%が自然治癒。
予防接種→三回を半年に渡って受ける。
Wikipedia参照

3、狂犬病

ワクチンを受けずに発症した場合の致死率は99%。
病気を持つ犬になめられたり、噛まれたりした時に感染。
予防接種→ワクチンRbipurを最短三週間で三回。
Wikipedia参照

4、破傷風

症状→重症の場合は筋肉麻痺を起こす。
傷口などから破傷風菌が進入することにより感染。
予防接種→半年をかけて三回。
Wikipedia参照

5、日本脳炎

症状→ウイルスによる脳炎。
脳炎なので脳にダメージを受ける。
蚊などによって感染。
予防接種→半年に渡って三回。
Wikipedia参照

まとめ

感染症の勉強がてら、適当ですがまとめてみました。
外務省のページを見ると、インドネシアでは主に、上の5つの病気に備える必要があるらしいです。
予防接種については、品川イーストクリニックさんのホームページが分かりやすかったので、参考に出来ると思います。

では。

カテゴリー: インドネシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。