もし明日死ぬとしたら、どういう死に方があり得るか。

11122013
人間いつ死ぬか分かりません。
誰しもが明日死ぬ可能生を持っています。
僕自身も例外ではないです。
ということで、僕が明日死ぬとしたら、どういう死に方があり得るか考えたいと思います。

1,車に轢かれる。
いきなり車に轢かれて死ぬかもしれません。今の日本だとこれが一番可能性高そう。
家から駅までチャリで行く時に飛び出して轢かれるかもしれないし、学校周辺を歩いてる時に轢かれるかもしれない。
いずれにせよ、普通に生活してるぶんには車に轢かれて、あの世に逝く確率はゼロではないです。

2、電車の線路に転落する
電車が到着する間際に線路に落ちて死ぬかもしれません。
飲んだ後に酔っ払って転落する場合か、普通に待ってる間に押されて殺される場合か。
毎日電車に乗ってる人にとっては十分考えられる死に方です。

3、刺される。
これは日本だとあまりなさそう。
その辺歩いてたらいきなり刺されて死ぬ。
誰かに相当な恨みを抱かれてるか、運悪く無差別殺人に遭遇してしまった場合のみ、考えられる死に方でしょう。

4、地震。
地震で死ぬかもしれません。
地震大国日本ではいつ地震が起きるか分かりません。
地震が原因で、建物に潰されて死ぬかもしれないし、火事が起きて死ぬかもしれない。
僕は沿岸とは無縁なので、津波で亡くなる可能性は低いですが、沿岸の人は津波でも十分可能性があります。
地震で死ぬのは、交通事故の次にあり得る死に方かもしれないです。(若い人は)

5、いきなり心肺停止する。
若い人はあまりないかもしれませんが、可能性はあります。
元気に会話してたのに、いきなり「うっ」ってなって亡くなるパターンです。

6、高いところから落ちる。
バイト先で休憩してる時にビルの高い所でタバコを吸っているので、そこから落ちて死ぬパターンが考えられます。

7、夜寝たら一生朝がこないパターン。
そのままです。

いつ死ぬか分からない。

上に挙げただけでも、自分が死ぬパターンは結構考えられます。
「死」っていうのは思ったよりもずっと身近にありますね。
けれどそれがいつ来るのかは誰にも予想できません。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。