当たり前だが、英語は喋らないと上達しない

英語に限らず言葉は喋らないと上達しません。
当たり前のように思えて、これが心の底から理解出来てない人が多いと思います。

実践の場で言葉を使うことは、上達する為の唯一の方法です。

まず喋る。

英語が喋れるようになりたい!と思った時に最初にするべきことは、とにかく英語を使って喋ることです。取り敢えず単語を覚えてから…とか、TOEICで何点以上取ってから…とか考えていたら、かなり効率が悪いと思います。
取り敢えず会話にチャレンジしてみる!話はそれからだ!というノリが調度良いと思います。

大して勉強せずに会話に望むのだから、上手くいかないのは当然です。全然喋れない自分が予想できたとしても、悔しさは感じるはずです。その悔しさこそが言葉を勉強するエネルギーになります。「満足な会話をしたい」と心の底から望めた時、飛躍的に英語力は伸びると思います。

また、自分が言いたいことを英語で言えなかったら、そのことが記憶に焼き付きます。あとで調べてその表現を知ったら、もう忘れる事はありません。一度悔しい思いをしているから、絶対に覚えることが出来ます。そうやって、一つづつ自分が英語で表現できない言葉を埋めていくことが最も大事です。

「日本である程度勉強していかなければ留学は無駄」、と言う人が居ますが、僕はそう思いません。なぜなら喋る機会が激増するからです。自分で意識的に喋れる場所を作る必要もなく、その機会が与えられることは日本ではありえません。英語の勉強では取り敢えず飛び込むことが大事だと思います

自分の心の声に気づけ

喋ることが最も効率的な英語の学習法ですが、実際に喋る為の環境を作るには相当なエネルギーが必要です。
海外に行くにも、オンライン英会話を受けるにも、喋った経験がない人は躊躇してしまうと思います。僕もそうでした。まったく喋れる自信がないので喋ることが恥ずかしいのでなかなか殻を破ることが出来ません。

そんな時は、「絶対に英語を喋れるようになりたい」と思っている自分の心に正直になれば良いと思います。自分は本当に英語を喋りたがっている、ということをはっきりと認識出来れば、恥を恐れずに喋り始めることが出来ます。

僕は「英語が喋れずにずっと日本に留まっている人生なんて考えられない」とハッキリと認識したので、ひたすらしゃべり倒すことが出来ました。僕の英語力はまだまだですが、出来ないながらも喋り続けてきたおかげで軌道に乗ってきた感じがします。

最後に

英語上達の方法は腐るほど世の中に出回っていますが、僕の考えを書きたかったので書きました。人それぞれ英語の勉強に関する意見があると思いますが、僕が出した結論は「喋ることが最も大事である」という当たり前のことでした。

では。

カテゴリー: 英語の勉強 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。