雑記

”理念がかっこいい会社”に惚れちゃう。

投稿日:

burogu11192013
会社の理念は、どんな会社なのかを、簡潔で強烈に表すものだと思います。
僕は会社を見るとき「どんな理念を掲げてるか」に結構注目しています。
理念に共感できる会社なら、楽しく働けそうな気がするからです。
有名な企業はそこまで成長しただけあって、どこも立派な理念を持っています。
ということで、有名どころの企業の理念を集めてみました。

 

服を変え、常識を変え、世界を変えていく--byユニクロ

ただ服を売っていくだけではなく、それを通して世界をより良くしたい、という思いがつまった言葉ですね。
確かにユニクロの服は、その値段と品質から今までの常識を変えています。
ヒートテックに関しては、「今まで寒さを凌ぐには着こむしかなかった」という常識を見事に変えてくれました。
先を見過ぎず、「服を売る」という自分たちが今出来ることを極めれば、世界を変えられるというメッセージが込められてます。

 

保険料を半分にして、安心して赤ちゃんを産み育ててほしい --byライフネット生命

ライフネット生命の社長は僕もtwitterでフォローしている、出口さんです。
日本初となるインターネットでの生命保険会社を立ち上げた出口社長は、言葉通り「安心して子育てして欲しい」という思いの下、ここまで会社を成長させてきました。
会社の社会の中での存在価値を強烈かつ簡潔に表した言葉だと思います。

 

インターネット・サービスを通じて、人々と社会を“エンパワーメント”する --by楽天

「エンパワーメント」という言葉は少し抽象的ですが、楽天にサイトによると、「多くの人々に成長の機会をもたらし、社会を変革し、豊かにしていくことに寄与していくこと」だそうです。
インターネットで社会を変える、という意味が込められた分かりやすい言葉だと思います。

 

情報革命で人々を幸せに --byソフトバンク

孫社長が「情報革命は産業革命を上回る」と言っていたのを、どこかで聞いたことがあります。革命真っ最中のこの時代に人々を幸せにできるような会社である、という意味が込められているのでしょう。

まとめ

やはり成功している会社はどこも素晴らしい理念をもっており、惚れちゃいそうになります。
どこの企業も人々の幸せを目指してるのは変わりありませんが、その方法が異なります。
何を通じて、社会にインパクトを与えるか。」というメッセージが込められている言葉は、分かりやすくて素晴らしいです。
というより、会社の理念はそうでなくてはならないと思います。

では。







-雑記

Copyright© こやまうちBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.