雑記

「楽しかった。明日からまた頑張ろう」と思えるのが良い休日

更新日:

IMG_0978

どんな休日が良い休日か、について考えます。
僕が思う良い休日はタイトルの通り、「あしたから頑張ろう」と思える休日です。

何もしないと逆効果?

休日だから家でグダグダしていたい、という人が居ます。
僕の場合、一日中家でグダグダしていると、強烈な「俺なにやってるんだろ感」に襲われます。
こうなってしまうのでは、返って逆効果です。
「せっかくの休みなのだから、体の疲れを取ろう」と思って一日休んだのに、心が疲れたら全く意味がありません。ただ、体の疲れを心に移しただけです。

肉体ではなく、精神を休めるのがベスト

休みの日は、頑張る精神的なエネルギーを溜める日ではないでしょうか。

肉体的な疲れより精神的な疲れの方が深刻です。
頑張ろうという気持ちがあれば、ちょっとくらい体が疲れていたって、働くことが出来ます。一方、精神的に疲れていては、いくら体に余裕があったって、働けなくなってしまうと思います。

世のお父さんは週末に家族サービスで子供の笑顔を見て、また一週間頑張る精神的なエネルギーを溜めてるのでしょう。
学生は彼女とデートでもして、モチベーションを高めたらいかがでしょうか。

「やらなきゃならないこと」を全て忘れて、一日過ごすと、ヤル気が自然と出てくると思います。一日になにも勉強せずに、どこかに出かけて気分転換するのは良いことだと思います。

まとめ

普段やっている事から離れて、また一週間頑張る気力を溜められたら、それはいい休日だと思います。ずっと働き続けることは可能ですが、寿命が縮まります。せっかく「5日働いて2日休む」という、世の中の一般的なリズムがあるので、それを活かさない手はないでしょう。

では。







-雑記

Copyright© こやまうちBLOG , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.