1000円カット、バカにしてないで一回いってみれば?

最近はお金の節約の為に千円カットで、散髪しています。

千円カットって時間が10分だし、異常な安さなので、一般的にあまり良いイメージがないです。

僕も最初はどんな髪型にされるのか怖くて、かなりビビってたのですが、行ってみたら案外普通。
むしろ、今までなんで行かなかったのか、という後悔を感じるくらの出来に仕上げてくれます。

千円カットに行くと角刈りにされちゃうから嫌だ、なんて考えていたんだけど、しっかりと自分の髪形希望を伝えれば、その通りに切ってくれます。10分間て短いと感じがちだけど、実際に座ってみたら、結構な時間だと、感じました。

なんとなく千円カットで働いている床屋さんって、腕がない印象があります。
でも、実際はその辺の2000円とか、3000円の床屋さんに比べて、上手だと思います。(もちろん個人差はあるだろうが)

この前、僕の髪を切ってくれたのは、結構な年いった禿げたおっさん。
最初みた時「うわ、こんな汚ねえおっさんに切られるのかよ」とかなり不安になりましたが、腕は一流でした。
下手したら、僕が前いってた4000円カットの美容師さんより、上手かもしれない。

良く考えたら、僕が行ってた美容室のように、若いおしゃれな人用の美容室では、汚いおっさんはどんなに腕が良くても雇われないよね、と思いました。
おしゃれな美容室では、その店の雰囲気を保つためや、イメージアップの為といった、散髪の腕とは関係のないところで武器を持つ美容師を雇ってると思うのです。
駅前の美容室なんか、イケメンなお兄さんや、かわいいお姉さんが働いてるイメージしかないですもんね。実際にそういう美容室には行きたくなるし。
そういう華やかな美容室では、40過ぎた禿げたおっさんが、経営者でない限り働き続けられる訳がありません。

おっさんは若い子に比べると明らかに損してますね。
天気予報のキャスターが全部若い女の子に変わってしまったのと、同じ原理だと思います。

以前は美容室で働いていたのだけど、自分の年齢とルックスがその店に着いていくことができずに、退職せざる得なかった悲しいおっさんたちが、千円カットに流れて来てるんじゃないか、と思います。
そのおっさんたちは、おっさんになるまで散髪業界で働いていただけあって、かなりの経験値を積んできているので、腕は一流です。
また、十分という限らた時間の中で仕上げなきゃいけないので、生産性がどんどん上がり、依然として成長を続けてると思います。

世間の千円カットのイメージは、おそらくまだまだ悪いので、そこで働いている方たちは、厳しい客の視線や、限られた時間の中で日々一所懸命働いていると思います。

そこのあなた、千円カットバカにしてないで、一度行ってみたら?

汚いおっさんが働いてる店がおすすめです。

では!!

カテゴリー: 千円カット パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。