インドネシアへの格安航空はエアアジアで決まり!!!

インドネシアへの飛行機、いろいろ調べましたけど、一番安いのはエアアジアですね。

僕は出発の三か月前に予約して、19780円でチケット買いました。(羽田発ジャカルタ着の片道チケットです。)

19780円に受け取り手荷物料金と、座席指定料、カード払い手数料が上乗せされて、25579円です。
本当に安い。
burugu-total amout

エアアジアのホームページを見ていただければ分かるのですが、出発日の3か月前くらいまでは、19780円で購入できますね。
時期が近づいてくるにつれ、料金が上がってきますから、出来るだけ早くチケットを確定した方が良いです。

予約も超簡単。クレジットカードさえあれば、いつでもオンラインで購入することが出来ます。
航空券の予約する時って、パスポートの番号が必要になることが普通だと思っていたんですけど、全く必要ないですね。

e-チケットがメールで送られてきて、それをプリントアウトして当日持っていくだけで、飛行機に乗れるそうです。予約から予約番号の連絡まで、あまりにあっけなくて、びっくりしています。正直ちょっと不安です。

でも、僕の研究室は訳があって、インドネシアに行く人が結構いるのですが、みなエアアジアを使っており、特に問題もないということなので、大丈夫だろうと思ってます。

残念ながら日本からインドネシアまで、エアアジアは直行便がありません。
だからマレーシアのクアラルンプールというところでトランジット(乗り換え)が必要になります。
「飛行機にあまり乗らないのに、いきなり乗り換えなんてハードルが高すぎる」と思ってしまう方もいらっしゃると思いますが、学生などお金のない方は、安く飛行機に乗らせて頂くのだから、それなりの苦労はしょうがないと思います。僕も今まで三回しか飛行機に乗ったことがないため、空港に慣れている訳ではありませんが、「注意してればなんとかなるでしょ!?」と、楽観的に考えてます。

インドネシアに何度も行ったことのある研究室の先輩の話によると、クアラルンプールの乗り換え専用ロビーでは、クレジットカードも円も使えない為、マレーシアの通貨であるリンギットが必要らしいです。
乗り換えで、次の飛行機を待ってる間の3、4時間、何も買わないでジーと待ってるのは辛いですよね。コーヒーや軽食など購入したくなると思います。かといって、数百円の為にマレーシアリンギットに両替するのも馬鹿馬鹿しいし、めんどくさい。
実はそんなジレンマを解消する方法があります。

それは、一本目の飛行機の中でお釣りとして、リンギットを受け取ることです!!
どういうことかというと、飛行機の中で売っているものを円で買って、リンギットでお釣りを受け取るということです。
例えば、羽田からクアラルンプールへの飛行機の中で、200円のオレンジジュースを1000円札で買うとします。普通ならお釣りは800で帰ってきますが、エアアジアがマレーシアの会社だからなのか、800円相当のリンギットで帰ってきます。今のレートで計算すると、800円は約7リンギットですね。
つまり、トランジットの為にわざわざ羽田で両替する必要も(クアラルンプールの空港では両替できない)、お腹が減ってるのを我慢する必要もなく済むということですね。
これはちょっとした裏技だと思います。リンギットがない為に、お腹を空かして辛い思いをした経験のある先輩に感謝です。

しかし、良いことばかりではありません。勿論悪いこともあります。
先輩が言っていた一番注意するべきことは、受託手荷物重量のオーバーです。
飛行機に乗る前に預けるスーツケースなどの重量が、指定した重さをオーバーすると、1キロ当たり2000円取られるそうです。
出発する前に重さを測らずに、受託手荷物の重量が超過し、捨てられる物がなにもなく、高額なお金が取られてしまうことのないようにしましょう。
経験者の言葉は偉大です。気をつけましょう。

実際に乗ってみて、インドネシアに到着したら、その様子をまたこのブログにアップしたいと思います。

では!!

※上で書いてきたことは、現時点で(2013年10月)、調べたり、聞いたりして分かったことです。嘘を書いているつもりは全くありませんが、人間なので間違えることがあります。また、エアアジアのルールが変わる可能性も十分考えられます。ですので、くれぐれもご自身で確認したうえで、ご判断して下さい。

カテゴリー: エアアジア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。