考えると書けなくなる。

ブログ書くときに考えすぎると、何も書けなくなってしまいます。

これは僕だけなのかもしれません。
何を書こうか考えると、自分の意見の穴が気になったり、文脈のおかしさが気になったりして、ペンが進みません。

あと、考えすぎると、自分の意見を正当化するような理由探しをしてしまい、少し自分の意見とずれが生じてきます。

昨日ブログが更新できなかったのはそのせいです。考えすぎました。
思いついたことを次々とタイプしていかないと、なにも書けなくなります。

僕がブログを書くのに最も適した時間は朝です。
朝起きて10分以内に書き始めます。
何を書くのか全く決めていないから、どういう文章になっていくのか、自分でも分かりません。
自分が考えたことを書いているというよりは、自分の手が勝手に動いているような感覚です。
朝一にブログを書いて、その日の午後にブログを見返すと、自分で自分の文章に、良い意味でびっくりすることがあります。
こうやって、自分の潜在意識から引き出すように文章を書くと、自分独特の世界が形成できるような気がします。
逆に考えて書くと、自分のオリジナリティーはどこかに身をひそめて、その辺にありがちな平凡な文章になってしまいます。

考えすぎると出来なくなるのはブログだけではないと思います。
留学の決断や起業する決断、などは考えすぎたら間違いなく出来ません。
”Just do it”的な考えで、行動していかないと、なかなか前進出来ません。
一瞬だけだけど、間違いがない確信が自分の中に現れた時、それを行動に移せるかどうか。「考えすぎは良くない」という真理を知っていれば、すぐに行動に移せると思います。

「始めてから考える」というのは、出発の方向自体に間違いが生じる危険性があります。
でも僕は、立ち止まって考えていたって何も出来ないので、取り敢えず始めることが凄く大事だと、このブログを通しても、感じました。
間違いだと思ったら、戻ればいいんです。考えて立ち止まっていた時と、スタート地点は変わらないから。

ではまたあした!!

カテゴリー: ブログ運営 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。