誘いを断るということ。

おはようございます。

今日は友達からの遊びの誘いを断ることについて。

僕は友達からのお誘いを断ることがよくあります。

遊びの内容その物に魅力を感じない場合に断ります。

僕はただ付き合いだけの為に、自分の時間や金を犠牲にして、遊びに行くことはしません。
自分の時間がもったないない。いつ死ぬかも分からないのに、楽しくないことに時間を使いたくありません。
プライベートは、自分が楽しいことしかやりたくありません。

こうゆう風に友達に言った時、
「お前そんなこと言ってると友達なくすよ」 と言われてしまいました。

確かにその通りです。自分が乗り気じゃなくても、友達への義理の為に遊びに行くくらいの、ノリじゃないと、友達はどんどん減ってきそうです。

そして、僕は、友達が居なくなるのが怖いです。こういう考えを持っているのにも関わらず。

この、
・自分が楽しいことしかやりたくない。
・でも、友達がいなくなるのは嫌だ。
という二つの欲求を、同時に満たすことは非常に難しく、事あるごとに僕の中に迷いが生じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最近このことについてよく考えた結果、ある暫定的な結果にいたりました。

僕は、「自分の楽しいことしかやらない」というのは守っていこうと思います。
それで、もし友達がいなくなったら、それはそれでしょうがない。その程度の仲だったんだなと、諦めるしかない。

もちろん、「僕がこういう考えだから行きたくない」というのは、ちゃんと伝えます。
たとえば、ボーリングの誘いを断る時は、
「ボーリングが嫌いだから、行きたくない」とはっきり伝えます。

しっかり伝えた上で、僕の事を理解し、仲が続いていく人と僕はずっと友達でいられると思うし、そういう人とずっと友達でいたい。

もしそんな人がいなかったら?

僕は友達0の淋しい人間にでもなってるでしょう。

 

友達が全くいなくなるという最悪の状況すらも覚悟してます。

自分のやりたいことをやろうとすると、絶対に何かしらの犠牲が出てくる物だと思います。
なにかを辞めることが出来ない人は、なにかを始めることも出来ません。

自分に正直に生きる、というのは案外難しいことなのかもしれない。

 

 

という訳で、リアルの僕を知ってる人はどんどん遊びに誘って下さい!!(え?)

ではまた明日。

カテゴリー: 雑記 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。