コツコツと努力するために必要なこと

何かしらで成功している人は鬼のように継続している件という記事でも書いた通り、成功するためにはコツコツと継続する必要があります。

そのコツコツと継続する期間は、場合によっては10年間だったり、20年だったりします。

10年間や20年間も、毎日長時間地味な作業を繰り返すのは大変なことです。

この、とても大変な「コツコツと努力を継続させること」を実行に移すのに必要なことは何なのでしょうか。

1、明確な目標を立てる

それは、なりたい自分を具体的にイメージすることです。

別の言葉で言うと、明確な目標を立てるということです。

明確な目標というのは、誰が見ても達成が判断出来るものです。例えば、「2018年までに毎月100万円稼ぐ」とか、「30歳までに結婚する」とかです。

逆に、明確な目標と言えないのは、「楽しく生きる」とか、「幸せになりたい」とかそういうものです。

明確な目標を立てることは、簡単なことのように思われますが、多くの人は意識しないとサボってしまいます。漠然とした目標を持っている人はたくさん居ますが、明確な目標を持っている人は多くいません。

コツコツと継続するために、まず、明確な目標を持つようにしましょう。

2,その目標を達成出来ると信じこむ

明確な目標を持ったら、その目標を達成出来ることを自分に信じこませましょう。

「絶対に達成するんだ」という強い意思を固めましょう。目標に執着しましょう。

目標を持つだけでは何も意味を無しません。その目標の達成に執着して初めて、毎日コツコツと辛い作業をこなすパワーが出てきます。

実際、目標に執着するということは「俺は絶対に達成するんだ」という程度では足りません。必要なのは「俺は目標を達成出来ることを確信している。俺に出来ない訳がない。目標を達成出来ない自分を想像することも出来ない」くらいに自己暗示を掛けることです。

別の言葉でいうと、深層自己説得です。自分で自分に「目標を達成する、出来る」ということを言い聞かせて、思い込ませる作業をする必要があります。

その目標を達成出来ると思い込むことは毎日する必要があります。紙に自分の目標を目に見える場所に張り出して、毎日それに目を通し、自分の目標を確認してそれに執着する必要があります。

そうすれば、毎日コツコツと継続して努力を重ねることが出来るようになります。

まとめ

成功するためには、毎日コツコツと努力を重ねることが欠かせません。毎日コツコツと努力を重ねるために必要なことは以下の2つです。

  • 明確な目標を持つこと
  • その目標の達成に執着すること

この2つを実行すれば、目標達成のために、毎日コツコツと作業することが苦ではなくなります。むしろ、目標達成に前進していることを感じられるため、その作業自体から喜びを感じられるようになります。

逆に言えば、上の2つを実行しないと、毎日コツコツ努力を重ねることは難しいです。コツコツと継続することを目的にすると、毎日コツコツと努力をすることの難易度はとても高くなります。コツコツと継続することは目的ではなく、手段です。

自分で立てた目標を達成出来るかどうかの分かれ目は、どれだけ自分を信じることが出来るか、にかかっています。目標を達成出来る自分をどれだけ信じることが出来るか。少しでも、無理なのではないか。。。と思ってしまうと、それだけで成功する可能性は下がります。

自分を信じることが出来る強さが、勝負の分かれ目のような気がしてしょうがないです。

 

 

カテゴリー: ビジネス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。