100億円稼ぐ想像と実際

一年間で100億円稼げるようになることは、果てしないほど難しいことのように思えます。

しかし、考え方によってはあまり難しくないのかもしれません。

多くの人は100億円稼げるような事業を作ることを想像する時、最初から売り上げが順調に伸びていき、そのまま100億円まで到達することを想像しがちです。

しかし、実際は、事業をはじめたばかりの時は、鳴かず飛ばずで全く売り上げが上がる気配がなく、それでも我慢して続けていると、いつか花が開き、一気に100億円まで達成することのほうが断然多いです。

グラフで表すと以下のようになります。

Niko3

汚いグラフですいません。横軸が時間で縦軸がお金です。

もう一度グラフを使って説明すると、多くの人が年商100億円の事業を創る時には、グラフでの青色のラインをイメージして、事業が順調に伸びていくことを想像してしまいますが、実際は、グラフでの緑線のように、最初は全く上手くいかないけれども、四苦八苦していくうちに、いつかブレイクスルーポイントを迎えて、一気に年商100億円まで到達することのほうが多いです。

このことを頭に入れておくと、年商100億円の事業を作ることがそれほど難しいことではない、と考えられるようになるかもしれません。

多くの人が、100億円稼ぐことを無理なことだと完全に諦めてしまっているのは、今の時点でそんなことが全くイメージ出来ないからです。

今すぐに何かしらの事業をはじめて、すぐに軌道に乗せて、そのまま100億円の事業を作ることしか、100億円の事業を作るイメージがなかったら、無理だと諦めてしまうことも無理はありません。

しかし、最初の期間は全くダメでも、耐えて、コツコツとやるべきことを積み重ねていけば、いつかブレークスルーする、ということをイメージできていれば、少なくとも、上のグラフでいう青色の直線に該当する100億円への道筋しかイメージできていない人に比べれば、明らかに100億円稼ぐことが簡単だと思えるようになります。

また、上のグラフをイメージ出来るようになると、少しくらい事業が上手く行かないとしても、腐らずにコツコツと仕事に取り組むことが出来ます。事業が上手くいく可能性を信じることが出来ているからです。

人間が頑張ることが出来るのは希望があるからです。自分の努力の先に成功が待っていると知っているからこそ、人間は辛い状況でも粘ることが出来ます。

もし、上のグラフの青い線しかイメージ出来ていない人が、事業をはじめたばかりの頃に上手くいかなかったらガッカリしてしまいます。なぜなら、その人は、事業が順調に伸びることが当たり前だと思っているうえに、今の時点で事業が伸びなければ、将来的な成功はほぼない、と考えてしまうからです。

つまり、上のグラフでいう青い線で示す100億円に到達する道のりしかイメージできていない人は、事業が上手く行かないと、希望を失ってしまうために、困難を乗り越える力が無くなってしまう、ということです。

事業が伸びていくカタチは、上に書いたようなグラフだけではなく、以下のようなものもありえます。

Niko4

このような形で事業が伸びていくこともあるということを知っていれば、どのタイミングで困難にぶつかったとしても、その困難は将来の飛躍のための試練だと考えることが出来るようになるので、ちょっとやそっとじゃヘコタレない根性を身につけることが出来ます。

事業の伸びがエクスポネンシャルなグラフになりやすい理由

Exponential function

事業だけに限らず、何かに取り組む時には、成長曲線が上の図のようなエクスポネンシャルなグラフになりやすいです。

何かの物事に取り組み始めた時は、実力が足りないため、なかなか実績を残すことが出来ません。

しかし、ずーと同じ物事に取り組んでいると、その物事をこなす実力が上がるので、はじめた当初より、実績を上げやすくなります。さらに過去に自分がした作業も実績の底上げに貢献してくれます。

ブログを例にだします。ブログを書き始めた当初は、自分がブログを書く実力が低いので、良い記事を書くのが難しく、人に読まれるような記事をかくことが出来ません。つまり、実績を残せません。

しかし、ずっと続けていると、ブログを書く実力があがるので、前より実績を残しやすくなります。また、過去に自分が書いたブログ記事の、現在のブログのアクセス数に貢献してくれます。

このように考えると、何か物事に取り組む時の成長曲線がエクスポネンシャルな形になりやすいことが理解出来ます。

エクスポネンシャルな成長曲線を描くことを最初から理解出来ていると、全く成果が出ない辛い時期も乗り越えられるようになります。

結果が出ないときもコツコツと作業出来るようになります。未来に飛躍が訪れる希望を感じることが出来ているからです。

100億円稼ぐ場合も一緒です。最初は100円稼ぐことも大変かもしれないけれども、成長曲線がエクスポネンシャルな形を取ることがイメージできていれば、その100円は大きな100円に思えるようになり、我慢することが出来ます。

100億円稼ぐ過程の実際は、目の前のことにコツコツと取り組んでいた結果いつのまにか、周りからは手の届かない境地に達していた、という類ものだと思われます。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。