日系大手に行くべきでない理由

5377792639 82f89c6b50 z

Aspen Mountain Winter / carfull

この前まで就活をしていたんだけど、経団連に入っているような日系大手は全く受けなかった。その理由は経団連に属している日系大手で働いている人は、一生サラリーマン思考の人が多いからだ。

将来独立することを考えているぼくは、大企業に一生勤めるサラリーマンより、中小企業のドタバタ社長ほうがカッコイイと思えるし、なりたいと思っている。だから、新卒の就活で日系大手に入って、周りに一生サラリーマン思考の人が多い環境で働くことは、自分のなりたいと思っている姿への道のりとしては全く適していない。ぼくと同じように将来的に独立を考えている人は、経団連に入っているような日系大手には行くべきではないだろう。

もちろん新卒で大企業に入っても将来的に独立することも出来る。実際に世の中にはゴマンと大企業を辞めて、自分でビジネスを始めた人が居る。だけど、日系大企業に入って、将来独立する人の数は、コンサルとかベンチャーに新卒で入って独立する人の数に比べたら間違いなく少ない。全体的な割合で考えて、日系大企業には独立思考の人が少ないんだから、独立思考の人はわざわざ厳しい環境にどびこむ必要性がない。

そもそも、新卒で大企業に入って独立した人は最初から独立志望だったわけではないのではないか。長年のサラリーマン生活にどこか不満を感じるところがあって独立しただけであって、最初から独立したいと思っているのに、新卒で経団連に入っているような大企業に入るひとは、今も昔もこれからもいないように思える。

就職活動をしていると、多くの周りの学生が大企業思考だということに気がつく。独立思考の人は少数派でぼくのような考えをしている人は、新卒で就活をしている学生のなかでは一割くらいだと思う。マイノリティだから、大企業思考の友だちと話をしているとすごく不思議そうな顔をされる。そのような友達からすると、ぼくのような考えを持った人のことが信じられないみたいだ。こちらも、大企業一生サラリーマンコースをなんとなくでも考えている人の考えが全く理解できないからお互い様なんだけど。

極論を言うと、日系大手だろうがなかろうがどんな環境に居ても、本当に自分のビジネスをスタートさせたいなら、するだろう。だから環境の選択はそんなに重要ではないのかもしれない。重要度はそこまで高くはないけれども、少なからずぼくの人生に影響を与えるので、自分の人生の選択を自分が将来なりたいと思える姿を基準にして決断出来たのは良かった。

カテゴリー: 就職活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。