ブログを書けば新卒は内定をとれる

74117168 1d919c5c10 z

 photo credit: Blog 62 / thomashawk

2年前くらいからブログを書いているこやまうちです。さすがに二年間もブログを書いていると、今までに書いた総量は結構な数になっています。1000文字くらいの記事を今まで230個くらい書いてきました。このくらい量を重ねると、自分のなかで成長している部分が見えてきて、この成長した部分が新卒の就活で大いに役にたったな、と思うので、そのことについて書きます。

タイトルの「ブログを書けば新卒は内定をとれる」というのは、ブログを書くことによって身につく能力が、新卒の就活の面接の場で、かなり活きてくるということです。ブログを書き続けることによって得られるものは大きく二つあると思っていて、一つ目は単純に文章力です。そして二つ目は、自分が言いたいことをまとめる力です。

ブログを書くと文章力が上がる

ブログを書くことは文章を書くことだから、ある程度ブログを続けている人は「文章を書く」という経験を、ブログを書いてない人に比べて多くしています。文章は書けば書くほど上手くなります。英語のスピーキングや、大学受験勉強などと同じように、量をこなせばそれに応じて、成長していきます。ということで、ブログを書いている人は、ブログを書いてない人より文章力があります。

この文章力は、企業に応募する時に提出するエントリーシート(ES)を書く時に役にたちます。ESは「学生時代頑張ったこと」や「自己PR」や「挫折経験」や「志望動機」などを、200文字から800文字で書くパターンがほとんどです。このようなESを埋める上でこなさなければならない作文は、ブログを書いている人にとっては簡単に感じます。だっていつも同じような長さの文章を書いているから。ESに書かれている文章のわかりやすさは、間違いなくブログを書いていない人よりも、ブログを書いているぼく達のほうが上なはずです。

ぼくも元々は文章を書くことに苦手意識がありましたが、今はありません。「得意ではないですが、苦手ではない」と、今は思っています。文章を書くことに対する苦手意識を払拭して、就活で結果を残せたのは、今までブログをコツコツと続けてきたからだと思っています。

ブログを書くと自分の意見を簡潔に分かりやすくまとめられる

ブログを書くと身につく能力で新卒の就活に役にたつ、一つ目の「ブログを書くと文章力が上がる」は、ESを記入する際に役にたつものでしたが、二つ目の「ブログを書くと自分の意見を簡潔にわかりやすくまとめられる」は、面接本番で役にたつものです。

面接というのは、自分の人柄や考えなどを面接官に「話す」ことによって伝えて、自分の能力をアピールする場です。このような場で、自分が考えていることを簡潔に分かりやすくまとめることは、とても重要です。何故なら長くて何を言いたいのかよく分からない人の話は、頭に入ってこないからです。面接の場でするあなたの話が長くてまとまっていないものだったら、面接官はあなたの話を理解出来ないだけではなく、簡潔にわかりやくまとめて話をすることが出来ないあなたのことを能力の低い人だとみなします。逆に言うと、面接で自分の意見を簡潔に分かりやすくまとめることは、あなたの人柄や考えなどを正確に伝えるという面で役にたつだけではなく、「簡潔にわかりやく話が出来る」という能力への評価にも繋がるため、非常に重要です。

ブログを書くことは自分の意見をまとめることです。自分が読者に何を伝えたいのかをハッキリさせて、その後に「どのように伝えようか」と考えたすえに出来上がるのが一つのブログ記事です。ブログを書いている人はブログを書くたびにこのような思考を脳内でこなしているため、面接の場でもこの経験というか訓練は活きてきます。ブログと面接では「書く」ことと「話す」ことという意味で若干違いますが、両方とも自分の意見を相手に伝えるための手段です。ブログを継続して、自分の意見を簡潔に分かりやすくまとめることに慣れている人は、面接の場でもそれを実行することが出来ます。そして内定獲得に繋がります。

ぼくが受けたある企業の一次面接はグループ面接でした。グループ面接では他の学生の話を聞くことが出来ます。ぼくが同じグループになった女の子の話は冗長で分かりづらいものでした。面接が終わったあとに、その女の子の連絡先を聞いたので、その女の子があの面接で落とされたのを知っています。あのような冗長な話をしている時点で、落とされるのは当たり前です。おそらく彼女はブログを書いていないでしょう。もし彼女がブログを書いていたら、あんなに長くてわかりづらい話をするはずがありません。彼女がブログをやっていたら、もっと簡潔に分かりやすく、自分の言いたいことを面接官に伝えることが出来て、あの面接も通過出来ていたかもしれません。

ブログを書けば新卒は内定をとれる

というわけで長々と書いていましたが、ぼくが言いたいことは、ブログを書くと新卒の就活で役にたつということです。もしかしたら、ブログを書くことはTOEICで900点を取ることよりも、簿記などの資格をとることよりも、就活をする前にやっておくべきことなのかもしれません。それくらいブログを書くことのよって身につく能力にはインパクトがあります。

さぁ、あなたもブログを書いて、「文章力」と「自分の意見を簡潔に分かりやく伝える力」を身につけましょう。そして、自分が志望する企業から内定をゲットしちゃいましょう!

では。

カテゴリー: ブログ運営, 就職活動 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。