インドネシアの大学生の英語レベルって?

IMG 2303

インドネシアで英語って通じるの?っていう記事の補足的な意味を込めて書く。結論から言うとインドネシアの大学生の英語レベルは日本に比べるとかなり高い。マッチベターだ。いや、マッチマッチベターくらいかもしれない。

例えば大学の図書館や食堂で、無作為に英語でインドネシア人の学生に話しかけたら、高い確率で流暢とは言えないがイナッフアンダースタンドな英語が返ってくる。最初は面食らってなかなか英語が脳みそから出てこない様子なのだけれど、しばらくすると慣れてきてマシンガントークをかましてきたりする。

スピーキングやリスニングはインドネシア語と発音が似ていることもあって、かなり上手い。決して日本人の英語の勉強量がインドネシア人のそれと比べて低いわけではない。母国語と英語との違いの大きさのせいだ。インドネシア語は英語と近い、日本語は英語とは離れた言語体系を持っているように感じる。

スピーキングやリスニングだけじゃなく、リーディングのレベルもインドネシア人は高い。インドネシア人の大学生は高い確率で英語の教科書を使っているからだ。学部の頃から英語の教科書を使って勉強しているから、自然とリーディングスキルも上がっている。

何故インドネシア人は英語の教科書を使うのか。日本の一部の大学のように意識が高いからなのだろうか。そんなことはない。ただ単に、インドネシア語で書かれた大学レベルの教科書が少ないからだ。

インドネシア語で大学レベルの勉強をすることが出来ないから、英語で勉強する。なんだか悲しいように聞こえる。日本だったらどんな学問でも日本語で書かれた教科書が存在する。

インドネシアの大学生は英語が理解出来なければ、十分に勉強することが出来ないのだ。日本では英語が重要と言っても、別に理解出来なくてもなんとかなる。

大学の教科書だけじゃなく、インターネットのニュースも英語で読んだりしている友達がいる。映画や音楽などもインドネシアより断然面白いものが英語のものであるから、そちらを好んで観たり聞いたりする。

普段から英語に接しているから、英語に接っせざる得ないから、インドネシアの大学生の英語のレベルは高いのだ。

日本語だけで、勉強も出来るし、エンターテーメントも手に入るし、高い質のニュースも入ってくる日本人が、インドネシア人に英語レベルで勝てるわけがないのは、ちょっと考えてみれば明らかなことだった。。。

カテゴリー: インドネシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。