インドネシアが時間にルーズな件について

IMG 2264

 

タイトルの通り、「インドネシアは時間にルーズだ」ということをよく聞くし、こっちに来て8ヶ月がたった今もそれを良く感じる。これはインドネシアに限ったことでもないらしく、マレーシアや、他の東南アジア諸国も同じらしい。

日本の時間に対する正確さとのギャップにイライラする人は相当多い。インドネシアで生活していくには、「時間にルーズなことへの付き合い方」を真剣に考えなければならない。

ぼくはこっちに来る前から「インドネシアが時間にルーズな国だ」というのを、口酸っぱく諸先輩から言われていた。だから、かなりヒドイ状況をイメージしてこの国に降りたった。

待ち合わせ時間に一時間遅れは当たり前だと思っていたし、店などでも不必要に待たされることが多いと覚悟していた。そんな覚悟をしていたから、こっちで出会う日本人の友人から聞くイライラストーリーが信じられないくらいストレスを感じずに生活出来てきた。

期待値を下げればイライラすることはない。イライラしないためには期待しなければ良い。

こっちにきて半年の間はイライラすることが全くなかった。ところが最近はちょくちょくイライラしてしまう。

勝手に期待値が上がっていたからだ。

最初の半年は期待値が物凄く低かったからイライラするどころか、「みんな時間通り動けるじゃん」と(偉そうに)感心して生活出来ていた。インドネシア人が時間にルーズと良く言われるけど、そこまでひどくないな、ということが分かってきた。そして前より期待するようになっていった。

ぼくの周りのインドネシア人の友人は、インドネシアではエリートだ。だから時間もしっかり守るし、グループワークなどをした時に分担する課題などをしっかりとこなしてくれる。その上色々と親切にしてくれる。優秀で、人間的にも素晴らしい人たちと多く接していると、期待値が勝手に上がっていく。。。

勝手に期待値が上がって来てしまってるから、もう少し下げたい。

 

カテゴリー: インドネシア, 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。