留学時の罠。行動範囲をどんどん広げてかなければ。

SAM 4218

留学開始から1ヶ月半。さすがに慣れてきました。慣れてくると自分が行ったことのある場所、人がだいたい決まってきて、新しい発見が減ってきます。

ぼくはこれを「勿体無い」と感じてしまう性格です。人によっては「自分が快適な範囲で生活出来てるんだから、勿体ないことなんてない。むしろ楽で良い」と考えるかもしれませんが、ぼくはそうやって考えることが出来ません。

最近、毎日同じレストランで食事をしてる自分に気が付きました。同じって言っても1つの店に毎日行ってるわけではなく、4,5件を順繰り回っている感じです。

これはどうにかしなきゃな、って思ったのでインドネシア人の友達に、彼がよく行くレストランに連れて行って貰いました。そしたらそこのお店の料理の味付けが今まで食べてきたものと全く違う。しかも美味しい。ぼくが住んでいるアパートから近いのに今までぼくはその店の存在すら知りませんでした。

基本的に家と大学を行き来する生活を送っているので、大きな通りからちょっと裏に入ったお店とか全然知らかったです。ぼくが住んでるアパートは他の国からの留学生も多く住んでおり、設備も十分揃ってます。このアパートはとてもじゃないけど「インドネシア」って感じがしません。大学も然り。どこに行っても英語が通じるので「インドネシア」っていう感じがあまりしない。。アパートも大学もインドネシアというよりは、インターナショナルなところなんですよね。

最近まではこのインターナショナルな環境も新鮮だったので、じゅうぶん楽しめていました。でも、これからはインドネシアローカルも楽しみたい。自分が想像もしなかった経験をすると今までにないような思考が頭を巡ります。ぼくはその瞬間が好きです。

留学して、異国で生活しているからと言って毎日新鮮なものが味わえるわけではないんですね。留学中といえども、自分で意識して新しいものに触れようとしないと、途端に平凡な毎日になってしまう気がします。

別に平凡な毎日でも全く問題ないんですが、どうせなら色々な経験がしたいですしね。関わる人とかも気がつかないうちに固定されてきてしまっている気がします。

もうちょい意識的に様々な国の人と関わるようにします。外食する時も同じ店ばっか行ってないで、ちょっと冒険してみます。

では。

カテゴリー: 雑記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。