ぼくが初めて見た時に衝撃を受けたブログ

世の中には凄い人がたくさんいます。インターネットに浸かってると自分のレベルと遠く離れた文章を書く凄い人に時折出会います。

そんな中でぼくが初めて見た時に大きな衝撃を受けたブログを上げてきます。衝撃というのは、「自分とのあまりのレベルの差に愕然とした」という意味や「読み始めたら3時間くらい読み続けてしまうほど、ぼくを惹きつけた」という意味です。

ぼくを惹きつけたブログ3つ

chikirinの日記

皆さんご存じchikirinの日記。chikirinの日記にはぼくが大学3年の時にTwitter経由で知りました。初めて見た時にはとてつもない衝撃を受けたため、そのまま3時間以上ぶっ通しで過去エントリにも目を通しました。

読んでると引き込まれるし、自分の思考が活性化します。chikirinのブログを読んでると普段の3倍くらい頭がぐるぐると思考し始めます。

ちきりんさんは「若者を煽るのが大好き!」と仰ってますが、ぼくも煽られた若者の一人です。留学先をインドネシアにしたのも、ちきりんに煽られたということが要因の一つです。

ブログを始めてみよっかな、と思えたのもchikirinの日記を見つけた後です。直接会ったことなどないのに、ここまで自分の選択に影響を与える文章って、凄いとしか言いようがないです。

 

 ダダステーション

このブログはファンコミニケーションという会社の社長が書いてます。ファンコミニケーションはA8ネットという、成果報酬型アフィリエトサービスを取り扱うサイトを主に運営する会社です。

このブログもTwitter経由で知りました。非常にユーモアに優れたブログで、読んでる途中は常にニヤニヤしています。

もちろんただ面白いだけでなく、非常に考察の深い文章になってます。真面目なことをフザケて書いてる感じです。IT会社の社長なので、イケイケの若いお兄さんなのかと思ったら、白髪のおじさんでした。興味のある方は調べてみて下さい。書いてる文章と書いてる人の外見の印象の違いにビックリすると同時に、そのギャップに惹かれます。

この社長はTwitterをやっているのですが、つぶやきも面白いです。このブログの著者に魅力を感じます。会ったことはないですけど。ファンコミニケーションは最近新卒採用も始めたらしので、面接受けてみようかな。「社長のブログとTwitterに惹かれたから」という、ただそれだけの理由で。

 

デマこいてんじゃねぇ!

もう一つはこれ。このブログも初めて見た時はぶっ続けで3時間くらい浸ってました。他の方に比べると文章が長いのですが、全く飽きません。良くもこんなに長い文章を首尾一貫して書くことが出来るなぁ、と不思議に思います。

この人の文章も読んでると思考が活発になります。またこのブログの著者は歴史、政治、経済、哲学、などの知識が豊富なような気がします。ぼくも少しは勉強しなきゃなぁ、と思わされます。

 

自分はどういうブログが好きなのか

こうやって自分が好きなブログを上げてくと、「自分がどんなブログに惹きつけられるのか」、ということが良く分かります。これはそのまま「自分がどんな文章を書きたいのか」ということに直結すると思います。

上で挙げた3つのブログは、どれも考察系、オピニオン系のブログです。普段考えてることを分かりやすく文章に起こしているのが上の3つのブログです。

ぼくも自分の思考を分かりやすく、尚且つインパクトが伴った文章で表現したいです。最近は情報系ブログばっか書いてますが、ぼくが興味があるのは、思考系ブログです。

ということで、どんなことでもいいから自分が考えたことを文章にしたいな、と思ってます。思考系記事の割合をもう少しだけ増やしたいです。

では。

カテゴリー: ブログ運営 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。