電子書籍市場が活発化してきた!

前にエントリ書いた時はまだまだ不十分だったけど、最近やっと活発化してきたね!

東芝が新たにこの市場に参入したし、アップルもようやく日本の出版社と折り合いつけたし、楽天なんてとんでもない目標かかげてるし。
消費者としては凄いメリットだよね。これから激しい競争によって価格も落ちるだろうし、電子化される本がものすごく増えると思う。

現在の電子書籍市場の構図は amazon VS その他日本企業 みたいな感じで、amazon の独占感が半端なかったから、一消費者としても、これらの企業には是非頑張ってもらいたい。

最近は良く電子版の本買ってるんだけど、全部がKINDLE。
ipadでKINDLEアプリ開くと今まで買った本がズラーって並んでて、「俺って本読んでるな。」っていう、変な達成感が味わえる。
「あそこに本を並べていきたい!」って多少は思うから、圧倒的なメリットがないと、僕はKINDLEからは離れられないと思う。
僕と同じ様に考えてる人は他にもいるから、客を奪うのはそう簡単ではないかもね。

それにamazonは値下げした際の売れ行きに関する情報や、電子化するべき本の種類に関する情報を、自らの経験によって多く得ているし、現段階ではアマゾンが有利だと思う。

電子書籍市場そのものは、これから確実に大きくなっていく。
成長してる市場では、色々な企業が新参入したり、新しいサービスが多く出てきたりして、変化が凄く激しい。
次々に興味深いニュースが流れてくる。

成長する市場を観察することって、楽しい!

これからに期待!

カテゴリー: ニュース タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。