「英語の発音が下手でも大丈夫だ!」と思えるYou Tube動画3つ

ブログ

英語の勉強をしていると、どうしても発音で悩んでしまうことがあります。これは必然です。今まで日本語しか喋ってこなかった人が英語を喋ろうとするのだから、うまく発音が出来ないのは当然です。

悩みながら、発音を少しでもよくしようと四苦八苦するのが普通です。でも、悩みすぎて自分の英語にコンプレックスを感じるようになってしまうのは良くないことです。

ネイティブではない人は、正直どこかで良い発音をしようとすることを諦める必要があると思います。英語は言葉なので自分のコミニケーションの道具です。コミュニケーションの道具なんだから、本来伝わればそれで十分なはずです。

だけど発音への拘りを取っぱらうのは、ぼくみたいな見栄っ張りだと難しいものがあります。「発音へのコンプレックスを取り払い、自分が伝えたいことを正確に伝える訓練」に特化することを手助けするような、You Tubeの動画を紹介します。

安部総理

 

安倍総理大臣が東京オリンピック承知の時にしたスピーチです。どうですか?

日本のトップが国際社会に向けてした英語のスピーチの発音は、正直ネイティブの発音とはかけ離れています。でも、それで良いんです。この発音で安部総理は堂々と喋ってるんだから、ぼくたちはこれよりも下手な発音でも、発音にコンプレックスを持たずに堂々としていて、なんの問題もありません。

本田圭佑

https://www.youtube.com/watch?v=Ub3X9MqbVII

ご存知、サッカー日本代表の本田選手がACミランに移籍する時の会見です。本当に堂々としてますね。カッコイイ!

英語が下手なことを受け入れた上で堂々としているように感じます。ぼくだけかもしれませんが、本田選手からは潔さが感じられます。「俺は英語が下手だけど、これが俺だ!」みたいな感じで。

本田選手のように、英語の発音にコンプレックスを持たずに堂々としている日本人の人を見ると、ネイティブのような英語を喋る日本人に出会った時と違った、「凄さ」を感じます。

河合美宏

誰この人?という感じかもしれません。この人のスピーチはライフネット生命社長の岩瀬大輔さんのブログで紹介されていました。

英語ペラペラの岩瀬さんから絶賛されています。実際に動画を見てみると確かにジャパニーズイングリッシュです。綺麗とは言えない英語の発音でも、世界から認められている人が実際に存在するってことは、ぼくのような典型的なJapanese English Speakerを勇気づけられます。

大事なのは英語の発音じゃない

「大事なのは英語の発音じゃない。伝える内容だ。」みたいな意見を良く聞きますが、本当にその通りです。冒頭でも書きましたが、日本語しか喋ってこなかった人はどこかで発音に対して妥協する必要があるように思います。

それよりも大事なことは、自分の意見をしっかりと論理的に言えるようになることです。

ぼくの英語の発音は上であげた方々のものより更に低いレベルなので、もう少し発音を修正していきますが、どこかで諦めどころを作って、もっと大切なことに力を割いていきたいな、と思ってます。

では。

カテゴリー: 英語の勉強 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。