【写真あり】インドネシアのご飯ふつうに美味しいですよ

インドネシアに着いて一週間経ちました。この一週間は自炊を一切せず、まいにち外食しました。留学を開始するまではインドネシアのご飯に全くいいイメージが無くて、かなり不安でした。だけどそんなに不安を感じる必要は全くなかった、と今は思います。というのもインドネシアの料理は普通においしい。しかも安い。

どのくらい美味しいかというと、普通よりちょっと美味しいくらいです。さすがに日本のご飯たちには敵わないですが。不味すぎて食べれないことはないです。来る前に最悪の状況を想定していぼくはインドネシアの料理に満足してます。

そして超安い。大きいモールや、世界的チェーン店の値段は、日本より安いけど、そこまで安くありません。安いのは個人的にやってる飲食店や学校の食堂です。本当に安い。100円あれば確実にお腹いっぱいになれる値段です。インドネシアでの三食合計の食事(全部外食)が、日本の昼食だけの値段と同じくらいだと思います。料理出来ない貧乏学生のぼくにとっては凄く助かります。

ただ、こういう個人でやってる飲食店って、安いだけあって衛生環境が微妙。まぁ、簡潔に言うと汚いんですよね。今のところ幸運なことに全くお腹を壊してないのですが、いつ壊すか分からない状況です。体がこの環境に慣れてくれば、それでオッケーなのですが、一ヶ月くらいかかると思うので、今はただひたすらに気をつけるしかないです。

ということで、ぼくがこの一週間食べてきた料理のうちいくつかを写真で紹介します!

焼き鳥

IMG 1392

日本でもおなじみの焼き鳥ですが、インドネシアにもありました!インドネシアはよく焼き鳥を食べるみたいです。写真を見ての通り一つのお皿に焼き鳥が10本くらい乗ってます。日本だと焼き鳥一本100円くらいしますが、インドネシアだと一本10円もしないです。ご飯と焼き鳥10本がゼットになってお値段100円です。超安くないですか。しかも焼き鳥にかかってる味噌だれみたいなタレが美味しいです。ご飯との相性が抜群なので最高です。ご飯もタイ米ではなく、日本で食べられているものと同じ、粘り気のある米です。よく日本人が外国に行くと米が恋しくなる、と言いますがインドネシアではその心配はなさそうです。米は普通に食べれるし、美味しいです。

チャーハン

IMG 1394

インドネシアのチャーハンです。ナシゴレンという名前です。「インドネシアの伝統的な料理なんだよ!」とインドネシア人の友人に進められたので食べてみたのですが、普通のチャーハンでした。このチャーハン、ご飯がパッサパサで美味しい。チャーハンを作る時って、どれだけご飯をパサパサに出来るかが勝負なのですが、このチャーハンはかなりパサパサです。具に鶏肉が入ってるので旨味もじゅうぶんありました。ただこのチャーハンにセットで付けられている、レタスやトマトなどの生野菜はぼくは食べてません。生野菜ってお腹を壊しそうな雰囲気満載だからです。こっちでの生活期間が一ヶ月になるまでは、生野菜には手をだすのは止めようと思ってます。お値段150円です。

おかゆ

IMG 1385

 

たまご入りおかゆです。これも普通においしかったですよ。上に乗ってる油の塊は食べなかったですが。ご飯に汁物をぶっかけて食べるのって日本だけじゃないんですね。お値段70円くらい。激安です。見た目によらず量があるのでこれだけでもお腹いっぱいになれました。卵はお腹に悪そうなんでちょっと不安でしたが、問題ありませんでした。一応火が通っていたので、大丈夫だったのかな、と。

 

ご飯と適当なおかずたち

IMG 1289

学校の食堂で食べたご飯です。バイキング形式みたいな感じで、ご飯とおかずを選びます。食堂のおばちゃんが「ごはんはこれくらい?」と聞きながらお皿にご飯をよそってくれるので、じゅうぶんだと思ったら「それでオッケー」と言えば、自分の好きな量のご飯が食べられます。おかずは全部で8種類くらいあるので、その中から適当に選んで皿に乗っけてもらいます。上の写真のおかずは、鶏肉とイカです。お値段は100円。お腹いっぱいになれます。

最後に

インドネシアの料理は安いし、美味しいです。お腹を壊す可能性は否めないですが。ぼくはこっちに来てからお腹をまだ壊してないので、気を使えばリスクは軽減出来る、と思うのですが。

これからインドネシアに来る人でご飯に不安がある人は、そんなに心配しないでいいと思います。安心してインドネシアに来てください。

では。

 

カテゴリー: インドネシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。