ジャカルタで電車に乗ってみた

一昨日ジャカルタに遊びに行った時に、電車とバスを利用しました。バスはTranse Jakartaを使って、その様子はこの記事の通りです。今日は電車について。

ジャカルタに限らず、インドネシアを走っている電車はほとんどが日本のお下がりです。電車の外見はもちろん、車内も見覚えのある感じでした。

チケットの購入の仕方、改札の通過の仕方もそんなに難しくありません。ただ日本のように紙切れの切符がなく、全部カード式でした。

IMG 1316

この写真のようにチケット売り場があります。日本のように自動券売機があるわけではありません。窓口に行って購入する感じです。チケットは先ほども行ったようにカードです。カードを借りるための5000Rp+距離に応じた料金、を支払わなければなりません。

デポジットとして5000Rpを払って借りたカードは、使い終わったら返却する必要があります。返却して初めて5000Rpが返って来ます。

電車賃は非常に安いです。日本の十分の一くらいだと思います。ぼくはデポックというジャカルタから少しだけ離れた場所から、約40分間電車に乗りっぱなしになるほどの距離を移動したのですが、お値段3000RPでした。だいたい100Rp=1円、なので、デポックからジャカルタまで30円くらいということになります。めちゃくちゃ安い!

改札はこんな感じです。

IMG 1315

残念ながら改札も日本のように自動ではないですね。ただカードでピッ、とやる感じは日本と替りません。

 

IMG 1318

この写真のように、改札の黄色いところにカードの読み取り部は当てれば、通過できます。正常に反応しているときは、上の写真の緑のランプが光ります。なにか問題がある時は赤のランプが光るのでしょう。この白いカードは1回限りのカードです。日本だと切符ですが、インドネシアでは1回だけ電車に乗る場合でもカードを使います。

 

IMG 1323

このCOMMETというカードは日本で言うSUICAに対応します。チャージ式のカードですね。よく電車に乗る人はこのカードを購入します。

IMG 1319

この写真は女性専用車両です。日本では数年前に女性専用車両が出来たばっかですが、インドネシアでは既に存在してます。インドネシアでも同じように、ジャカルタに向かう上り列車は通勤時に凄く込みます。箱詰め状態です。だからなのか女性専用車が早くも導入されているのでしょう。

この前のったTranse Jakartaというバスにも女性専用エリアみたいなのがありました。日本ではないですよね。インドネシアは女性に対する気配り?の意識が日本より高いように感じます。

電車にのってみての感想

まず安さに驚きました。デポックからジャカルタまでの距離は、だいたい東京から千葉くらいです。その距離を30円で移動出来るなんて、ビックリしました。

また車両が全部日本のお下がりなので、変な親近感が湧きます。電車に乗ってる時は日本とさほど変わりません。

もちろん不満だった点もあります。まず車内が熱い。電車に載ってるだけでかなり汗をかきます。ぼくが電車に乗った時は、昼だったのであまり混雑してませんでした。それでも汗をかくくらい暑かった。もし満員電車だったら、、、と想像するだけでも嫌です。

また時間どおりに来ない!インドネシア人は全体的に時間にかなりルーズなんですが、電車も例外ではありません。時刻表はあってないようなものです。何時の電車に乗ろう、とかいう計算は絶対に出来ません。適当に駅に行って電車を待つしか方法がないです。

以上、ジャカルタ電車体験記でした。

では。

カテゴリー: ジャカルタ観光 パーマリンク

ジャカルタで電車に乗ってみた への2件のフィードバック

  1. akito のコメント:

    頑張ってねー!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。